Sponsored Link

握力でりんごを潰す!

男性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

関取の魁皇関や、芸能人ではオール巨人さんがテレビで披露されていたことがありますね。

ゴリラのようにグシャグシャにすることはなかなかできませんが(ゴリラの握力は平均400kg~500kgと言われている)、上記の動画のように潰すことは努力してトレーニングをすれば多くの男性ができるようになります。

りんごを潰すにはどのぐらいの握力が必要?

りんごを潰すためには握力が80kg程度必要と言われていますが、それはあくまでもあっさりと潰すのに必要な握力です。
コツさえつかめば60kg少しあれば潰せると思います。

りんごを潰すコツと方法

りんごを潰す方法として、また、握力のパターンとして、ピンチ力とクラッシュ力があります。

ピンチ力とは厳密にはつまむ力ですが、野球のボールを親指にも力をこめて握る感覚もピンチ力を使用しています。

このピンチ力でリンゴを潰すのは相当至難のです。普段は利用しにくい力であり、鍛えにくい力でもあります。まさしくゴリラのりんご潰しですね。

ですから、鍛えるのであれば、定番のハンドグリッパーを利用したクラッシュ力でのリンゴ潰しを目指す方がよいでしょう。

では、どのようにりんごを握り潰せばよいでしょうか?

握力が不足しているうちは、小さめのリンゴを使用し、人差し指から中指、薬指でリンゴを突き刺してえぐって行くイメージでしてみましょう。

穴が少しでもあけばそこからギュッと握って行けばどんどん指が深く突き刺さっていき、すくなくとも二つに割ることができます。

Sponsored Link

一応そこまでできれば、リンゴを潰せると言ってしまってもよいでしょう。

握力を鍛える

それでも、やはりもっとりんごをバリバリ潰したい!という方は

キャプテンズ オブ クラッシュの
ハンドグリッパー
(COCグリッパー)

を使用して日々鍛えてください。

通常販売されているハンドグリッパーはいいところ45kg程度ですが、このハンドグリッパーは最大130kg程度のものがあります。

100kg以上のものを完全クラッシュすれば、アイアンマインド社の認定表彰を受けることができますが、日本では公式にはまだ5人程度です。。。

筋肉は、最大筋力を使わないとパワー向上が見込めないので、自分の最大握力程度のものか少し上のものを購入して、最初は動かせなくても少しずつ
トレーニングを重ねましょう。

とりあえずはリンゴを潰すためにこのあたりからいかがでしょうか?

Sponsored Link