Sponsored Link

海外出張の多い方は慣れておられるかもしれませんが、海外旅行が初めての方や新婚旅行のために、一定の金額をできるだけ手数料を安く、有利でお得に外貨を両替をしたいと考える方は多いと思います。

外貨

それでは、できるだけ外貨両替を安くお得に済ませる方法基本的なことから裏ワザ的なことまで簡潔に紹介したいと思いますので、最後までモレなく記事をお読みください。

ドル、ユーロは日本国内で両替した方が手数料が有利でお得!

ドル、ユーロは海外での両替の手数料の方が高くなるので、日本国内で両替した方が有利でお得になります。

台湾ドル、韓国ウォン、中国元などのアジア通貨は現地での両替の方が手数料が安く済みます。
上記以外の通貨についても、海外現地にて両替する方がレートが良くなる場合がほとんどです。

それでは、主要通貨であるドル、ユーロを日本国内で両替をする場合はどこでどのような方法で両替するのが有利でお得なのでしょうか。

ドル、ユーロと円をどのような方法で両替するのが有利でお得?

日本国内で両替をする場合、誰もが知っている場所は以下のとおりですね。

  • 銀行
  • 空港(両替所)
  • 郵便局
  • 金券ショップ(チケットショップ)

結論から言いますと、

郵便局≧銀行≧空港(両替所)>チケットショップ

の順となりますが、店舗による差があるため、チケットショップ以外はそれほど大きく金額が変わりません。

外貨両替

両替のメインとなる銀行であれば、1ドルあたり1円から3円程度の手数料がかかります。

金券ショップ(チケットショップ)がそれと比較して数十銭から1円程度安いという程度となります。

外貨両替を安く済ませる裏ワザを伝授!

細かい理屈は置いておいて、外貨両替の最安の方法はFXサービスの口座を開設し、その口座を通して外貨両替をするというものです。

おすすめはこちらのマネーパートナーズです。↓↓↓

細かな金額を計算するまでもなく、また、先ほどの銀行・空港・郵便局・金券ショップと比べるまでもなく、ダントツで安いです。

マネーパートナーズの特徴として、以下のことが挙げられます。

  • 対象通貨として米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン・韓国ウォン・中国元がある。
  • 両替手数料が最大98%オフ
  • いつでも外貨両替ができる。
  • 両替した外貨を現金で主要4空港(成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港)で受け取ることができる。
  • 口座開設・維持費・管理費がすべて無料

と至れり尽くせりです。

Sponsored Link

FXの口座という形をとっていますが、もちろんFXの取引をせず、外貨両替のみの目的で利用しても全く問題ありません。

また、こちらの日本最安の海外プリペイドカードであるマネパカードは、入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料もすべて無料となっており、海外でクレジットカードを利用するよりもはるかにお得になっています。

他にもFX口座から外貨を入金できたり、海外ATMで現金を引き出せたり、与信審査がなかったりと、メリットはまだまだあります。

詳しくはこちらからご確認ください↓

新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

手続き等は少し時間と手間がかかりますが、1度の海外旅行であっても、外貨両替口座(FX口座)開設及びマネパカードを作っておいて損はないかと思います。

マネパカードと外貨両替口座(FX口座)の口座は別物?その違いとは?

マネーパートナーズの外貨両替口座(FX口座)とマネパカードの口座の違いとはどのようなものなのでしょうか。

まず、外貨両替口座(FX口座)とマネパカードの口座は別物です。

簡単にまとめると以下のとおりです。

  • 「外貨両替口座」はFX口座を利用して、手数料を含めたレートについて、お得に外貨両替を行う口座で、主要4空港で現金を受け取ることができる口座
  • 「マネパカードの口座」は、いつでもネットで現金を入金し、外貨に両替をすることで、海外の現地でカード支払をしたり、ATMで現金を出すことができる口座

手数料については、

外貨両替口座(FX口座)<マネパカードの口座

となりますが、いずれの場合も各種金融機関での両替やクレジットカードでも支払いよりもお得で有利になる場合がほとんどです。

マネパカード利用の際の裏ワザ1(円⇒外国通貨)

マネパカードの口座へは外貨両替口座(FX口座)も開設していれば、そちらで先に両替した外貨をマネパカードの口座へ振替をすることができます。

マネパカードの口座への入金をする場合は、そのルート(外貨両替口座(FX口座)⇒マネパカードの口座)を利用するとマネパカードの口座で外貨の両替をするよりも、総合的には手数料等が安く済み、有利でお得になります。

マネパカード利用の際の裏ワザ2(外国通貨⇒円)

外国通貨が余った場合については、日本の通貨(円)へ戻すことができますが、その場合は、マネパカードの口座で円へ両替するほうが手数料等が安く済み、有利でお得になります。

総論としては、海外旅行をする場合は、外貨両替口座(FX口座)を利用し、現金として必要な分だけ、空港で受け取り、カード払いや現地で現金を引き出したい分をマネパカードに、外貨両替口座(FX口座)から振替を行うことが様々な意味で有利でお得であると考えられます。

それでは、よりよい海外の旅路をお過ごしください。

※上記は2016.8時点の情報となります。

Sponsored Link