Sponsored Link

ウインナー・ソーセージ・フランクフルト…似ているけど何が違う?

スーパーマーケットの加工肉コーナーを見ていると、「ソーセージ」にもたくさんの種類があることに気付きます。
大きく分けても、「ソーセージ」「ウインナー」「フランクフルト」…などなど、様々な名目で販売されています。

それぞれ形や大きさが若干違うのは分かりますが、どうしてわざわざ名前を分ける必要があったのでしょうか。
もちろん、製造メーカーが各々勝手に判断して呼び名を決めているわけではありません。
ウインナー・ソーセージ・フランクフルト
実は、一見同じ食べ物に見えるソーセージやウインナー等の食材の間には、明確な分類の仕方があるのです。

ソーセージとは

日本では「牛・豚・羊の腸などに各種の調製した獣・魚肉を詰め、乾燥・湯煮または燻製した保存食品のこと」をソーセージと呼んでいます。
少し難しい言い方になってしまいましたが、端的に言えば「腸詰めの肉は全部ソーセージ」ということになります。

つまりウインナーもフランクフルトもソーセージの一種に過ぎないということです。
ソーセージはひとつの食べ物の名前というよりも大きな「分類」なので、世界中に数えきれないほどの種類のソーセージがあります。

一応は「腸詰めの肉」がソーセージと呼ばれる食べ物の条件ですが、なかには動物の腸を使っていないソーセージも存在します。

現に、主に日本で流通している「魚肉ソーセージ」は原材料に動物の腸を使っていませんが、形状がソーセージ類に似ていることからそのままソーセージの名前が使われています。

ソーセージ

ウインナーとは

ウインナーはソーセージの一種で、本来は「羊の腸に肉を詰めた保存食品」のことを指します。
動物の腸に詰めてさえいればソーセージと名乗れるのに対し、「羊の腸」と明確に種類を限定しているのがウインナーの特徴です。

Sponsored Link

しかし近年ではソーセージ類の製造技術が進歩し、動物の腸を使わずに「人工詰め袋(ケーシング)」という技術でウインナーが製造できるようになりました。
そのため、羊の腸を使ったソーセージ以外にも、「直径が20mm未満のソーセージ」をウインナーと呼称できるようになりました。

ちなみにウインナーは現在のオーストリアの首都・ウィーンが発祥だと言われています。
「ウィーン風のソーセージ」を意味する「ウインナー・ソーセージ」が略されて、日本ではウインナーと呼ばれているのです。

フランクフルトとは

フランクフルトはソーセージの一種で、本来は「豚の腸に肉を詰めた保存食品」のことを指します。
ウインナーが羊の腸であったのに対し、フランクフルトは豚の腸を使用しているのが特徴です。
なんとなく、ウインナーよりもフランクフルトの方が大きいというイメージを持っている方が多いかと思いますが、それは単に羊の腸よりも豚の腸の方が大きいという話です。

フランクフルトもウインナーと同様、実際に豚の腸を使わずに「人工詰め袋(ケーシング)」で製造されることが多くなってきました。
そのため、ウインナー等と大きさで区分するために「直径が20mm~36mm」のものがフランクフルトと呼称できることになっています。

ちなみにフランクフルトは昔からドイツのフランクフルト地方で盛んに食べられてきた食材なので、地名がそのまま名前になっています。

その他のソーセージ類

ウインナーやフランクフルト以外にも、ソーセージの一種として扱われる加工肉があります。
日本人にとっては「魚肉ソーセージ」が親しみ深いですが、世界各地にもご当地ソーセージと呼べるような食材があるのです。

「ボロニア・ソーセージ」もそのひとつ。
イタリアのボローニャ地方が発祥のソーセージで、牛の腸に肉を詰めて作られているのが特徴です。
フランクフルトよりもサイズが大きく、「人工詰め袋(ケーシング)」で作られたものでは「直径36mm以上」のものがボロニアとして認められます。

ピザなどに乗っていることも多い「サラミ」も、実はソーセージの一種です。

サラミ
正式には「サラミ・ソーセージ」といい、ドライソーセージの一種として扱われています。
他のソーセージ類との違いは大きさではなく、「製造過程で乾燥させたもの」と決まっています。

このように、ひとくちにソーセージといっても国や地域によって、その種類は千差万別です。

Sponsored Link