Sponsored Link

パイナップルを食べすぎて口が痛い!その原因は?

パイナップルを食べていたら、口の中がピリピリと痛みだすことがあります。
それでも気にせず食べ続けていると、舌に激しい痛みが出ることも珍しくありません。
子供の頃はパイナップルが大好きだったのに、口が痛くなった経験がトラウマになり、いつしかパイナップル嫌いになってしまうという方も…
パイナップル
ではどうして、パイナップルを食べすぎると口の中に痛みを感じるのでしょうか。
実はこの現象には明確な理由が存在します。

口の中に痛みを生じさせる犯人は、パイナップルに多く含まれる「ブロメリン」という成分です。
ブロメリンはタンパク質分解酵素の一種で、一度の多量のブロメリンを摂取すると口内の粘膜が刺激されてしまいます。
要するに、舌の表面を覆っているタンパク質が分解され、むき出しになった舌が痛んでいるのです。

パイナップルを食べ始めても最初は大して痛くならないのは、舌の表面にタンパク質のバリアが残っているからです。
しかしパイナップルを食べれば食べるほどにタンパク質が分解されていくため、徐々に痛みが増してくるというわけです。

パイナップルを食べすぎて痛くなったときの対処法

パイナップルを食べすぎたときの痛みは、大人でも涙目になってしまうほどです。
そのまま放置しておけばいずれは治るはずですが、治るまでの時間を耐えるのもなかなかの苦痛です。

口が痛い

この痛みを完全に消し去る方法はありませんが、軽減させる方法ならあります。
実は、パイナップルを食べすぎて口が痛くなったときには牛乳やヨーグルトを飲むだけで、痛みを大幅に抑えることが可能になります。
パイナップルを食べすぎて口が痛くなるのは、口の中を覆うタンパク質が分解されてしまうために起こるものです。
そのため牛乳やヨーグルトを飲むと、乳製品に含まれるタンパク質がパイナップルに含まれるタンパク質分解酵素と結びつき、口にダメージを与えにくくなるのです。

Sponsored Link

この方法は牛乳やヨーグルトに含まれるタンパク質を利用する方法なので、使うのは基本的に乳製品であれば何でもOKです。
イチゴミルクやコーヒー牛乳でも一定の効果が期待できます。

ただし、タンパク質を含まないミネラルウォーターやスポーツドリンク等を飲んでもほとんど効果が無いので注意しましょう。

パイナップルを食べたときに生じる痛みは体に悪い?

パイナップルを食べすぎると予想以上に口内が痛み出すことがありますが、それ自体が健康被害を及ぼすということはありません。
この痛みは、あくまでパイナップルに含まれるタンパク質分解酵素が働いた結果なので、食べすぎて痛むのはむしろ当たり前の反応であるといえます。

痛み出したことでパイナップルアレルギーを疑ってしまう方もいるようですが、口内が痛む程度の症状であればその可能性は薄いとみてよいでしょう。
もしも本当にアレルギーだった場合、口内だけではなくノドや食道のあたりまで痛み出したり、顔や手が腫れるといった症状がみられます。
そうした症状が出た場合は病院に行って医師の診断を仰ぐ必要がありますが、数分放置して治る程度の痛みならアレルギーを心配する必要はありません。

ただし、痛みがなかなか引かない場合や、あまりにも痛みが酷い場合には病院で診察を受けましょう。
タンパク質が分解されたことによる痛みなら放っておけば治るはずですが、他の症状が併発していた場合には素人判断が出来なくなります。

痛み出すまでの時間には個人差がある

ちなみに、パイナップルを食べてから口が痛み出すまでの許容量には個人差があります。
数切れ食べただけで口が痛み出すという方もいれば、パイナップルを丸々ひと玉食べてもダメージ無しというツワモノもいます。

この差は、口内の粘膜が多いかどうかという違いによって発生します。
生まれつき粘膜が薄い方もいれば、口内がくまなく厚い粘膜に覆われている方もいます。
パイナップルを食べて口内が痛むかどうかは粘膜の量に左右されるため、粘膜が厚い人のほうが多くのパイナップルを食べることができるのです。

また、粘膜の量は生活習慣や体調によっても大きく変わります。
体調を崩している人は粘膜が減る傾向にあるため、風邪をひいたときにパイナップルを食べると痛みやすくなります。
ただ、口内が痛む原因であるブロメリンは強い抗炎症作用を持つため、風邪で腫れたノドを治癒する働きもあります。
体調が悪いときにパイナップルを食べることには、一長一短があるといえるでしょう。

Sponsored Link