Sponsored Link

花束の保存期間ってどれくらい?

花束は世界中どこに行っても通用する定番の贈り物です。
お祝い事や記念行事などで、花束を貰った経験のある方も多いことでしょう。

花束

花束は適切に保存すれば、10日以上も飾り続けることができます。
しかし何も考えずに放置してしまえば、1~2日で枯れてしまうということも珍しくありません。
花束は、キチンと飾ればちゃんと長持ちするものなのです。

また、花束を綺麗なままで保存できる期間の長さは、季節ごとによっても変動します。
花の種類にかかわらず、花は基本的に高温多湿の夏場よりも、外気が冷えて乾燥している冬場のほうが長持ちします。
真夏だと適切に保存しても1週間足らずで枯れてしまうことがありますし、冬場なら半月以上も綺麗な状態を保つことがあります。
花束を長持ちさせるためには、どれだけ気温変化の少ない環境に花束を置いておくかということも大切なポイントになります。

長持ちする花束の飾り方は?

花束を長持ちさせるために最も大切なのは、花にしっかりと水を吸わせてあげることです。
全体は包装されたままでも構いませんが、茎の部分だけは包装から出して綺麗な水につけておいてあげましょう。
一般的な花束は「切り花」なので、普通の切り花を育てるときのように水耕栽培するだけで飛躍的に長持ちします。

切り花

花束の水耕栽培は、それほど難しくないので初心者でもすぐにやり方を覚えられます。
貰った花束の大きさに合わせた花瓶を用意し、そこに綺麗な水を入れて花束をさしておくだけでOKです。

Sponsored Link

基本はたったこれだけですが、ポイントは「できるだけ手をかけてあげること」です。
水は出来るだけ毎日入れ替え、綺麗な状態を保ってあげるようにしましょう。
同じ水を入れっぱなしにしておくと水中でバクテリアが発生し、花の茎を詰まらせてしまいます。
茎が詰まると、花は水分を吸い上げることができなくなるため、急速に枯れ始めてしまうのです。

また、定期的に茎の根本1センチ程度の部分を切ってあげるのも大切です。
これは「水揚げ」と呼ばれる手法で、水中で茎を切ると水圧で水が吸い上げられやすくなります。
ポイントは、余分な空気が入らないように水中で切ることと、茎を潰しやすいハサミではなくナイフを使うということです。

花束をドライフラワーにしてしまう方法

水耕栽培に自信が無い方には、いっそ花束をドライフラワーにしてしまうという方法もあります。
ドライフラワーを自作するのは難しいと思われがちですが、湿度管理さえしっかり行えば誰でも簡単に作れます。

ドライフラワーにしたい場合は、花束を貰ってからすぐに作業を始めるのが良いでしょう。
しばらく花瓶に飾って水耕栽培を楽しんでから…と思う気持ちも分かりますが、時間が経ってしおれた花はドライフラワーには向きません。

ドライフラワー

花束の中からドライフラワーに出来そうな活きの良い花を選別したら、数本づつまとめて根本を輪ゴムで縛ります。
あとはベランダや玄関など、風通しが良く日当たりのある部屋に吊るしておけば作業完了です。
縛った茎部分を上に、花を下向きにして干しておけば、大体1週間ほどでドライフラワーの完成です。

風通しと日当たりが確保できればどこの部屋で干しても構いませんが、湿度の高い部屋は避けるようにしましょう。
湿度が高いと、花が乾燥する前にカビが生えてしまい、ドライフラワーの出来が極端に悪くなってしまいます。

完成したドライフラワーは、水が入っていない花瓶や、カゴなどに入れて飾りましょう。
ドライフラワーの出来にもよりますが、適切に保管すれば半年から1年は飾ることができます。
ただし、湿気の多い部屋に置いておくと保存期間が一気に短くなるため、飾る場所には注意を払いましょう。

Sponsored Link