Sponsored Link

「ハバネロ」はすでに世界一ではない!

「世界で1番辛い唐辛子といえば何を思い浮かべますか?」と聞かれたら、きっと「ハバネロ」と答える方も多いでしょう。
ハバネロは、2003年ごろ日本中に激辛ブームを巻き起こしたスナック菓子「暴君ハバネロ」によって一気に知名度を上げた激辛唐辛子です。
ハバネロ
たしかにその当時、ハバネロは世界で1番辛い唐辛子に間違いありませんでした。
食材の辛さを表す単位「スコヴィル」で表すと、ハバネロの数値はなんと10万~35万スコヴィルに達します。
一般的なタバスコが600~1200スコヴィルなので、ハバネロの辛さはタバスコの30倍近いということになるのです。

ハバネロの超刺激的な辛さは、日本で一大ブームを巻き起こしました。
お菓子や料理の原料として使われるだけでなく、テレビ等でハバネロをかじる罰ゲームが流行したのも記憶に新しいでしょう。
当時の激辛ブームにより、日本中の誰もがハバネロを「世界一辛い唐辛子」として認識していました。

しかし現在、すでにハバネロは世界一辛い唐辛子の座から陥落しています。
あの激辛ブームから10年以上が経過し、世界にはさらに辛い唐辛子が次々と生まれているのです。

今回は、ハバネロの辛さを上回った3つの唐辛子をご紹介しましょう。
これらの唐辛子、場合によっては人の命を奪うほど辛いので、決して遊びで食べてはいけませんよ。

世界で3番目に辛い唐辛子「ブート・ジョロキア」

ハバネロブームの終焉間近に登場したのが「ブート・ジョロキア」です。
一時期は「暴君ハバネロ」と並んで「魔王ジョロキア」というスナック菓子が販売されていたため、名前をしっている方も多いのではないでしょうか。
ブート・ジョロキア
ブート・ジョロキアは2007年にハバネロを追い抜いて世界一辛い唐辛子となりましたが、現在は世界で3番目に辛い唐辛子に落ち着いています。
そのあまりの辛さから、現地の言葉で「幽霊の唐辛子」を意味するブート・ジョロキアという名前が付けられました。

辛さはなんと100万スコヴィル以上。
ハバネロの3倍近くも辛い唐辛子として、激辛ブームのさなかにも話題をかっさらいました。
素手で触るだけで手がかぶれるという、恐ろしい辛さの唐辛子です。

Sponsored Link

世界で2番目に辛い唐辛子「トリニダード・モルガ・スコーピオン」

2012年ごろに辛さ世界一となったのが、トリニダード・トバゴ原産の唐辛子「トリニダード・モルガ・スコーピオン」です。 「トリニダード・スコーピオン・モルガ」とも言います。
唐辛子に「スコーピオン」という名前がついてしまうあたり、すでに毒々しい辛さを感じてしまいます。
トリニダード・モルガ・スコーピオン
トリニダード・モルガ・スコーピオンの辛さを見出したのは、ニューメキシコ州立大学のポール・ボスランド名誉教授です。
なんとボスランド教授はかつてブート・ジョロキアの辛さを発見した人としても知られており、唐辛子界の権威とされている著名な研究者です。

トリニダード・モルガ・スコーピオンの辛さは120万スコヴィル。
先代の世界一辛い唐辛子、ブート・ジョロキアよりも20万スコヴィル高い数値となっています。
ざっくり言えば、トリニダード・モルガ・スコーピオンはブート・ジョロキアよりもタバスコ170本分ほど辛いということになります。

また、この唐辛子は現在でも品種改良が続けられており、トリニダード・モルガ・スコーピオンの変種が次々と辛さランキングを更新しています。
現在は世界2位となったトリニダード・モルガ・スコーピオンですが、今後さらに辛い新種が世界一に返り咲くかもしれません。

世界で1番辛い唐辛子「キャロライナ・リーパー」

そして現在世界で1番辛い唐辛子の座に君臨しているのが、「キャロライナ・リーパー」という唐辛子です。
その辛さはなんと156万~220万スコヴィル。世界2位の辛さを持つトリニダード・モルガ・スコーピオンの倍近く辛い唐辛子です。
キャロライナ・リーパー
警察が犯人捕縛の為に使う催涙スプレーにも唐辛子が使われることがあるのですが、その催涙スプレーの辛さが約50万スコヴィル。
つまりキャロライナ・リーパーは、軽く吹き付けるだけで大の大人が悶絶してしまう催涙スプレーよりも4倍以上の辛さをもつ唐辛子ということになります。
それだけ辛ければ当然、キャロライナ・リーパーを触った手で目をこするだけでも激痛が走ります。

実は、キャロライナ・リーパーはかつての世界一辛い唐辛子「ハバネロ」と「ブート・ジョロキア」を交配させて誕生した唐辛子です。
それだけでも恐ろしい辛さを持つ2つの唐辛子を掛け合わせたことで、史上最強の唐辛子が誕生しました。
実際に食べた人の感想によれば、噛めば噛むほど「熟した溶岩」の味に変わっていくのだそうです。

ちなみにキャロライナ・リーパーという名前は、英語で「キャロライナの死神」という意味になります。
死神の名にふさわしく、万が一キャロライナ・リーパーを丸ごと口の中に放り込めば、人間は死に至ると言われています。

Sponsored Link