Sponsored Link

「日本一」は知っているけれど…

日本人なら、「日本一高い山は?」と質問されて答えられない方はほとんどいないでしょう。
言うまでもありませんがこの問いの正解は「富士山」、日本で1番標高が高い山というだけでなく、日本で最も有名な山でもあります。
富士山
では、「日本で2番目に大きな山は?」と聞かれたらどうでしょう…この問いに即答できる方はそう多くないのではないでしょうか。
どんなジャンルであっても日本で2番目なら十分にスゴイはずなのですが、得てして「日本で2番目」に該当するものの知名度は高くありません。
やはり日本人は「日本一」と呼ばれるものが好きで、不憫なことに2番目以下には注目が集まりません。

そこで今回は、スゴイはずなのに知名度の低い「日本で2番目」のものをご紹介したいと思います。

日本で2番目に大きな山

日本で2番目に大きな山は、山梨県にある「北岳(きただけ)」で、標高は3193.2メートルです。
富士山の標高3775.6メートルには及びませんが、日本国内に21ヶ所しかない標高3000メートル超えの高峰のひとつです。
登山好きの間では「南アルプスの盟主」の異名で呼ばれることもあります。

ちなみに北岳は、「火山以外の山」としては日本一の高さになっています。
富士山は現在でも活動を続ける火山ですが、北岳は主に古生層の堆積岩から出来た山です。

Sponsored Link

日本で2番目に高いというだけあって簡単に登頂できる山ではありませんが、北岳には登山客のための山小屋などの整備されています。
多くの著名人も北岳に登頂しており、日本国内の登山家にとって「一生に一度は登っておきたい山」のひとつになっています。

日本で2番目に広い都道府県

日本で1番広い都道府県は、地図を見るだけで一目瞭然です。
そう、他の都道府県の追随を許さない広大な土地を持つ「北海道」です。

では、日本で2番目に広い県はどこなのでしょうか。
これは地図をじーっと眺めるだけでは、判断が付きにくいところだと思います。

日本で2番目に広い県の正解は、「岩手県」です。
岩手県の面積は15,278.89平方キロメートルとなっています。
数値だけでは想像がつきにくいかもしれませんが、これは日本で一番面積の小さい香川県の8倍の広さということになります。

ちなみに、北海道の広さは377,972.28平方キロメートル。
これは岩手県の24倍の広さということになります。
ランキングだけで見ると1位差ですが、北海道はやはり圧倒的ですね。

日本で2番目に大きな湖

日本で1番大きな湖は、言わずと知れた「琵琶湖」ですね。
そして日本で2番目に大きな湖は茨城県にある「霞ヶ浦(かすみがうら)」です。

霞ヶ浦の面積は167.63平方キロメートルです。
これは東京ドーム3500個以上の広さということになります。
岸に立ってみれば水平線まで見えてしまう霞ヶ浦は、何も知らずに眺めれば海と勘違いしてしまうほど広いです。

ちなみに琵琶湖の広さは670.25平方キロメートル。
霞ヶ浦よりもさらに3倍以上は広いということになります。
さすがは滋賀県の6分の1もの広さを誇る琵琶湖…圧巻の1位という他ありません。

Sponsored Link