Sponsored Link

電線にとまった鳥…なんで生きてるの?

街を歩いていると、電線にとまっている鳥の姿をよく目にします。
誰でも一度は、「鳥はどうして電線に触っているのに感電しないの?」と考えたことがあるでしょう。
鳥
一般的に、高圧線と呼ばれる電線には6600ボルトもの電圧がかかっています。
もしもこの電気が体の中を流れれば、大抵の生物は一瞬で死に至ることでしょう。

そのはずなのに、なぜか鳥は悠々と電線にとまります。
カラス、スズメ、ハトなど、街中に暮らす鳥は電線をまるで休憩所のように気軽に使っています。
その足元には人間など一撃で殺してしまうほど強力な電気が流れていると思うと、なんとも不思議な光景です。

鳥が電線にとまっても死なないのには、ちゃんとした理由があります。
それは鳥が生まれつき持っている能力によるものではなく、「電気」の性質によって成り立っている理由なのです。

鳥は「1本の電線」にしか触れていない

鳥が電線にとまっている姿を想像してみてください。
記憶の中にある鳥たちは、どれも「1本の電線」にしか触れていないはずです。
世界のどこにも、2本の電線にまたがってくつろいでいる鳥はいません。
このことが、電線にとまっている鳥が感電しないことと大きく関係しています。
鳥と電線
電気には、「少しでも抵抗が低いところに流れようとする性質」があります。
遠くまで電気を運ぶために作られている電線は当然、電気抵抗が少ない設計で作られています。
一方、鳥の体は特に電気抵抗が少ないというわけではありません。

Sponsored Link

つまり、鳥の体の中を通るよりも電線の中を通るほうが抵抗が少ないということになります。
電気はわざわざ抵抗の大きな鳥の体内を通らず、スムーズに流れる電線を通っていこうとするわけです。
そのため、鳥が電線に触っても電気は何事もなくスルーしていきます。

もしも2本の電線にまたがってとまる鳥がいたら、その鳥はたちどころに感電死してしまうでしょう。
2本の電線にまたがるということは、自分の体を使って電線と電線をつないでしまうということです。
同じ電線同士なら電気は抵抗なく流れますから、鳥の体を6600ボルトの電気が通ることになるのです。

人間が電線を触ると死ぬ理由

では、人間も鳥の同じように電線を触ることができるのでしょうか。
結論から言えば、人間にはほぼ不可能であると言えるでしょう。

確かに、人間の体にも電線よりは電気抵抗があります。
そう考えれば、鳥と同じように1本の電線にだけ捕まっていれば無事で済みそうな気がしますね。
しかし人間は空を飛ぶことができないため、安全に電線を掴むことができないのです。

先ほども言いましたが、電気は「抵抗の低いところ」に向かって流れます。
人間は地面を歩いているので、電線を触ると電気が「地面」に向かって一気に流れてしまうのです。
空から地面に向かって雷が落ちることを想像するとイメージしやすいのではないでしょうか。
地面は0ボルトなので、電線の6600ボルトが人間の体を通って雷のように落下してきます。

鳥に同様の現象が起こらないのは、直接空中から電線に着地しているからです。
一瞬たりとも電線以外の部分に触れていないので、電気が他の物に流れずに済むというわけです。

Sponsored Link