Sponsored Link

日本のバレンタインデーは間違っている!?

毎年2月14日はバレンタインデー。
女性から好きな男性にチョコレートをあげる日として、日本各地で盛大に祝われる日です。
最近では、友人にチョコレートを配る「友チョコ」や、男性から女性に対してチョコレートを贈る「逆チョコ」などのパターンも流行っています。

バレンタインデー
しかし実は、バレンタインデーが「女性から男性にチョコレートを贈る日」という認識になっている国は日本など一部の国だけだって知ってましたか?

海外においてバレンタインデーは、むしろ男性から女性に対して想いを伝える日として祝われています。
バレンタインデーに贈り物をするという文化は海外にもありますが、贈り物に選ばれるのは花束やメッセージカードが主で、チョコレートが贈られることはほとんどありません。
それもそのはず、実は「バレンタインデーにチョコレートを贈る」という風習そのものが日本生まれなのです。

バレンタインデーの始まりとは

そもそも、バレンタインデーの起源は1800年以上前のローマ帝国時代にさかのぼります。
当時のローマ帝国皇帝だったクラウディウス2世は、「愛する人が故郷にいる状態では兵士の士気が下がる」という理由で、兵士たちの結婚を禁止します。
若い兵士たちはこの法律に嘆き悲しみますが、当時の皇帝の力は絶大で、誰も逆らうことができませんでした。

そんな中で兵士を救おうとしたのが、キリスト教の司祭を務めていたヴァレインティヌス司祭でした。
ヴァレインティヌス司祭は皇帝に隠れ、こっそりと兵士たちの結婚式を行っていったのです。

やがてヴァレインティヌス司祭が兵士を結婚させているという噂が広まり、とうとうクラウディウス皇帝の耳にも入ってしまいます。
クラウディウス皇帝は激怒し、兵士を結婚させる行為をやめるようにと命令しますが、ヴァレインティヌス司祭は毅然としてこの命令を拒否しました。

Sponsored Link

こうして、ついにヴァレインティヌス司祭は皇帝に逆らった罪で処刑されてしまいます。
彼が処刑された日は2月14日、つまり現在のバレンタインデーの日でした。

自らの命を犠牲にしてまで兵士たちの愛を結ぶことを選んだヴァレインティヌス司祭の処刑日は、キリスト教徒によって祭日とされました。
実は、バレンタインデーという名称自体が「ヴァレインティヌス」という名前から取られたものなのです。

現在のバレンタインデーは製菓会社の広告から生まれた

キリスト教徒にとっての祭日だったバレンタインデーが、日本人にとって「女性から男性にチョコレートを贈る日」となったきっかけは1936年の出来事でした。
その当時、現在でも営業している老舗洋菓子店「モロゾフ製菓」が、新聞に「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という広告を掲載したことが分かっています。
広告の意図は「バレンタインデーの贈り物にチョコレートはいかがですか?」という意図のものでしたが、このキャッチコピーが広まるうちに「バレンタインデーは好きな人にチョコレートを贈る日」と曲解されてしまったのです。
チョコレート
しかしその当時はまだチョコレートが今ほど一般的な食べ物ではなく、バレンタインデーは富裕層の間でのみ行われていたと考えられます。
庶民の間にも広くバレンタインデーが浸透したのは1970年に入ってからで、この頃にはすでに「バレンタインデーにはチョコレートを贈るのが当たり前」という意識が一般化していました。
さらに、これを商機とみた製菓会社がバレンタインデーにチョコレートの販促を始めたため、間違ったバレンタインデーの様式はどんどん広がっていきます。
こうして、世界でも希少な進化を遂げた「日本式のバレンタインデー」が広がっていったのです。

Sponsored Link