Sponsored Link

お見舞い品には不向きな物がある!

知人が入院してしまったら、あなたは何を持ってお見舞いに行きますか?
親しい間柄の相手なら、手ぶらでお見舞いに行くのもマナー違反というほどではありませんが、やはり何かお見舞いの品のひとつくらい持参したいものです。
お見舞い品
しかし、お見舞い品は持っていきさえすれば何でも良いというわけではありません。
お見舞い品は単なるプレゼントとは違い、「病院」という特殊な場所に持っていくものですから、やはり品選びには細心の注意を払う必要があるのです。
下手な物をお見舞い品として持っていくと、入院している本人はもちろん、同室の患者さんや看護師さんたちにまで疎まれる可能性があります。

そこで今回は、お見舞い品選びで絶対に避けるべきものをいくつかご紹介しましょう。
お見舞い品を選ぶときには、この一覧を参考にしてみてくださいね。

食べ物・飲み物の持ち込みには注意!

食べ物や飲み物はお見舞い品の定番ですが、場合によってはお見舞い品に適さないこともあります。
特に、入院している患者さんの状態によっては食べ物が禁止されている場合があるので注意しましょう。

入院中の患者さんは、基本的に病院食を食べて生活しています。
病院食はそれぞれの患者さんに適した栄養バランスを考えて作られているもので、病院ではそれ以外の食事をとることが推奨されません。

骨折などの怪我で入院している患者さんならキツイ食事制限をする必要はないので、お見舞い品で貰った食べ物を食べてもそこまで強く注意はされないでしょう。
しかし内臓疾患など、食べ物の影響を色濃く受ける病気で入院している患者さんの場合は、お医者さんから与えられる食事以外は食べてはいけない場合があるのです。
食事制限が敷かれている患者さんに食べ物・飲み物のお見舞い品を持っていくと、患者さん本人も食べられなくて辛い思いをしますし、お医者さんからも注意を受けることがあります。

また、食事制限の無い患者さんに持っていくお見舞い品であっても、ニオイの強い食べ物を持っていくのはやめましょう。
例えばニンニクや魚介類など、そこに置いておくだけでニオイを発するような食べ物は同室の患者さんたちの迷惑になります。

Sponsored Link

お見舞い品として食べ物を持っていきたいときは、ニオイや味が強くなく、また万が一病院で食べられなくても自宅に持ち帰れるよう日持ちのする物を選ぶのがポイントです。
食べ物ならフルーツ類やゼリー、和菓子などがお見舞い品に適しています。
飲み物なら、ペットボトル飲料のお茶やスポーツドリンクなどが良いでしょう。

鉢植えの花は縁起が悪い

お見舞い品を選ぶときには、縁起を担ぐのを忘れないようにしましょう。
逆に、縁起が悪いとされているような物品を持ち込むことも絶対に避けるべきです。

お見舞い品選びでやってしまいがちなミスが、鉢植えの花を選ぶことです。
鉢植えの花は花束よりも長持ちしますし、見た目にも綺麗なのでついお見舞い品に選んでしまうという方も少なくありません。

しかし、入院患者に対して鉢植えの花を持っていくのは大変失礼な行為にあたります。
なぜなら鉢植えは「長く根付く」という印象を与えるため、お見舞い品としては「入院が長引く」という縁起でもない意味になってしまうからです。

また、鉢植えだと花の種類によっては若干の花粉を放出していることがあります。
同室の患者さんに花粉症を持つ方が居た場合、花粉が舞って大きな迷惑になる可能性もあります。

お見舞いに不向きな花の種類とは

鉢植えの花がお見舞いに不向きであることはすでにご説明しましたが、花束であっても花の種類によってはお見舞いに適さないことがあります。
花には「花言葉」や、花そのものが持つイメージというものがあり、ネガティブなイメージを持つ花は縁起が悪いため病院に持ち込めないのです。

お見舞い品に適さない花として最も有名なのは、やはり「菊の花」でしょう。
菊の花は色鮮やかでとても綺麗ですが、お葬式やお彼岸に飾る花なのでどうしても「死」を連想させてしまうからです。

また、「シクラメン」もお見舞いには向いていないとされています。
シクラメンは、名前に「シ(死)」や「ク(苦)」が入っているため、良くないものを連想しやすいと言われています。

他にも、花がポトリと落ちてしまうことから首が落ちることを連想してしまう「椿の花」や、真っ赤な色合いが血液を連想させる「バラの花」など、意外に多くの花がお見舞い向きでは無いとされます。
お見舞いに持っていく花は、単に「綺麗だから」という理由で選ぶと痛い目を見ますので、必ず縁起や謂れを気にして選ぶよう心掛けましょう。

Sponsored Link