Sponsored Link

「トマトは果物?」の疑問はなんと裁判にまで発展している

「トマトは野菜ではなく果物に分類される」という話を聞いたことはありませんか?
多くの人は「野菜」として認識しているトマトですが、そういわれてみると「果物」としての特徴も備えている気がします。
赤く実ったトマトの果実は甘く、ざっくりした特徴だけで言えばリンゴ等と同じ「果物」だという説にも納得はいきます。
ただ、やはり果物というには甘さが足りないような気もしますし、何よりトマトは八百屋さんで売っていてサラダにも入っていて…やはり「野菜」として扱われていることが多いように感じます。
野菜と果物の違い
考えれば考えるほどドツボにハマってしまいそうなこの疑問ですが、実は「トマトは野菜か果物か」という論争は何百年も昔からありました。
なんと1893年にはアメリカで「トマト裁判」が行われており、立派な大人が大真面目に「トマトは野菜だ!」「トマトは果物だ!」と大論争を繰り広げています。

それもそのはず、当時のアメリカの法律では、野菜には関税がかかりますが、果物には関税がかからなかったのです。
つまり、トマトが野菜か果物かによって、大きく得する人と損をする人がおり、彼らにとってトマトの分類は死活問題でした。

そして件のトマト裁判の結果はというと「トマトはデザートにならない」という、納得いくようないかないような微妙な理由で、「トマトは野菜」ということになりました。
しかしトマト裁判だけでこの問題は解決しませんでした。それから100年以上が経った現在でも、トマトを野菜とするか果物とするかについての論争は各所で繰り広げられています。

この問題を難しくしたのは、そもそも「野菜と果物」の違いが曖昧だからです。
実はトマトだけでなく、スイカ・メロン・イチゴなど、野菜なのか果物なのかがよくわからない果実は数多くあります。
では、野菜と果物の間には一体どのような違いがあるというのでしょうか。

辞書ではこう分類されている

大辞林によれば、野菜は「食用に育てた植物。青物」とあります。
そして果物は「木や草につく果実で、食べられるもの。リンゴ・カキ・ミカンの類。生り果物。狭義には木に生る果実をいうが、広義には草本性植物のパイナップルやメロンも含める」とありました。
「食用に育てられた植物」が野菜とのことなので、大辞林の分類では「果物も野菜の一種」ということになるでしょう。

Sponsored Link

次に、別の辞書を確認するために広辞苑を開いてみます。
広辞苑によれば、野菜とは「生食または調理しておもに副食用とする草本作物の総称。食べる部位により葉菜あるいは葉茎菜・果菜・根菜・花菜に大別」です。
そして果物が「草木の果実の食用となるもの」と明記されています。「生食または調理しておもに副食用とする草本作物の総称」が野菜ですから、こちらでも「果物は野菜の一種」という結論になります。

辞書の分類上では、野菜という大きなカテゴリーの中に果物が入っているといった感じでした。
野菜の中でも「果実」と呼ばれるものが果物とされるとみてよいでしょう。

全国農業協同組合連合会の言い分とは

全国農業協同組合連合会は、果物と野菜の違いについて「野菜はいろいろな部分を食べるのに対して、果物は実だけを食べるのが特徴です」というコメントを出しています。
一般的に野菜と呼ばれているものは、葉の部分や根っこの部分も食べますが、果物は実以外の部分を食べることが出来ないということになります。

例えば、大根などは根っこの部分はもちろん、葉の部分も可食部分として扱われています。
余すことなく全体を食べることができる大根は、文句なしに「野菜」ということでしょう。

しかしリンゴは実以外の部分を食べることができません。
リンゴの木の幹を直接かじることなんて出来ませんし、リンゴの木の葉っぱも普通は食べません。
このように、実の部分だけが可食である植物のことを「果物」とするというのが全国農業協同組合連合会の見解です。

では、トマトはどうなのかというと…
実はもちろん食べられますが、トマトの葉や茎には「トマチン」という毒素が含まれているため、食用には向いていないようです。
というわけで、全国農業協同組合連合会の見解が正しければ、トマトは「果物」ということになるのかもしれません。

結局誰も正解を知らない!?

野菜と果物の違いについては、各組織によって見解が大きくことなるようです。
日本の行政上の分類としては「草本性植物が野菜、樹木になるものが果物」ということになっており、全国農業協同組合連合会の意見とも少し違ってしまいます。
また、植物学者によってもその見解は異なっており、未だ完全な決着には至っていないようです。

そのため日本では一般的に「食事の際に食べるのが野菜、甘いデザートが果物」という認識が一般的になっています。
ある意味、「トマトはどっち!?スイカはどっち!?」なんて深く考えずに「甘いのは果物」とざっくり考えるのが一番正解に近いのかもしれませんね。

Sponsored Link