Sponsored Link

意味は訳すと全部同じ!?

コーヒーが苦手な人でも飲みやすい「カフェオレ」ですが、これって「コーヒー牛乳」と何が違うのかご存じですか?
さらに、コーヒーショップ等のメニューを見てみると「カフェラテ」という商品もあったりします。
なんとなく、コーヒーにミルクを加えた飲み物なんだろうということは想像がつきますが…
具体的にはどんな違いがあるのか、イマイチわかりにくいですよね。
カフェオレ、カフェラテ、コーヒー牛乳
実はカフェオレ・カフェラテ・コーヒー牛乳の3つは、言葉の意味だけで言えば全く同じものなんです。
カフェオレはフランス語で、カフェラテはイタリア語、どちらも「コーヒー牛乳」という意味の言葉になります。
生まれた国が違うだけで、平たくいえば3つとも全部コーヒー牛乳なんです。

ですが、この3つが全く同じ飲み物かといえばそうではありません。
カフェオレ・カフェラテ・コーヒー牛乳では、それぞれコーヒーと牛乳の配合量、それに作り方が異なるのです。
現在でもこの3つがキッチリ名称を分けて販売されているのは、細かいレシピが違うからなんですね。

カフェオレとは

カフェオレは、主にドリップ式で抽出したコーヒーにミルクを加えて作られます。
ドリップ式というのは、挽いた浅煎りのコーヒー豆にお湯を注ぐことでコーヒーを抽出する方法です。
一般的な喫茶店などで昔からよく飲まれている普通のコーヒーのことですね。

Sponsored Link

コーヒーとミルクの割合は好みである程度調整されますが、だいたい5:5の割合が一般的です。
ミルクが多いので、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいという特徴があります。

カフェラテとは

カフェラテには、主にエスプレッソ式で抽出したコーヒーが使われます。
エスプレッソ式とは、深煎りのコーヒー豆に蒸気の圧力をかけてコーヒーを抽出する方法です。
イタリアやフランスで好まれているコーヒーの飲み方で、近年では日本でもカフェなどで飲めるようになってきました。

エスプレッソは通常のコーヒーに比べてかなり味が濃いため、カフェラテは少量のコーヒーで作られます。
割合としては、コーヒーが2割、残りの8割がミルクといった具合です。
また、一番上に泡立てたミルクを乗せることが多いのもカフェラテの特徴です。

コーヒー牛乳とは

コーヒー牛乳は、ほとんどカフェオレと同じです。
カフェオレが日本に入ってきたころ、フランス語の「カフェオレ」よりもより親しみやすい「コーヒー牛乳」という名前で普及したものだと言われています。

そのため、作り方や比率もカフェオレと一緒です。
コーヒーと牛乳を5:5の割合で混ぜ合わせれば、コーヒー牛乳の完成です。

ただしコーヒー牛乳には決まった定義が無く、コーヒーと牛乳を混ぜ合わせてさえいれば良いので自由にレシピを変えることができます。
好みによってはコーヒーと牛乳の比率を1:9にしてもいいですし、砂糖などを添加しても構いません。
日本国内でコーヒー牛乳を製造販売しているメーカーによっても、コーヒー牛乳のレシピはかなり違ってきます。

Sponsored Link