Sponsored Link

5月病という病名は存在しない

毎年5月ごろになると、あちこちで「最近やる気が起きない」という話を聞くようになります。
この時期になると頻発する、いわゆる「5月病」という症状です。
五月病
5月病は、新社会人や新入生に起こりやすい精神疾患だといわれています。
健康被害があるわけではありませんが、5月病にかかった人はある日突然やる気が出なくなり、仕事や学業に専念できなくなるという状態に陥ります。
放っておいても治るケースの方が多いのですが、重症になるとそのまま仕事や学校をやめてしまうなんてケースもあります。

5月病はほとんどの日本人が知っている有名な症状ですが、実は「5月病」という病気はありません。
実は5月病という名称はこの時期に頻発する精神的な病を総称したもので、正式な病名というわけではないのです。

精神科医は、5月病の患者を「適応障害」や「うつ病」などの病名で診断します。
5月病という病気はありませんが、それよりももっと深刻な「うつ病」になっている恐れは十分にあるため、もし5月病が深刻であるようなら速やかに医師の診察を受けましょう。
世間的には軽く見られることが多い5月病ですが、場合によっては命を奪いかねないほどの心の病に繋がっているかもしれないのです。

5月病になる原因とは

5月病というくらいですから、5月に発症することの多い症状です。
ではどうして5月なのかというと、それは「ゴールデンウィークが終わって気が抜けているから」だと考えられています。

新社会人や新入生は、4月を目途に今までとは違った新しい環境で暮らし始めます。
緊張が保たれているため本人でも気づきにくいのですが、新しい環境にいるとどうしても精神的なストレスを受けてしまいます。
積もり積もったストレスもしばらくは緊張でごまかせますが、ゴールデンウィークを境に緊張の糸はプツリと切れてしまうのです。

Sponsored Link

人間関係によるストレスを抱えていた場合は、「適応障害」による5月病になりがちです。
周囲の人間関係に上手く溶け込むことができないという状態は人間の脳に大きなストレスを与えてしまうため、ゴールデンウィークを境に限界が来てしまうことがあるのです。
このケースもやはり、ゴールデンウィークという初の長期休暇で緊張の糸が切れ、復帰が難しくなるという状態にあります。

5月病になってしまったときの対処法

5月病になってしまったら、出来る限り早く対処するべきです。
軽度の5月病なら放っておいても治りますが、5月病の症状には個人差があるため、場合によっては本格的なうつ病を発症する恐れもあるからです。
自分でもすぐに治ると思える程度の症状なら様子を見て構いませんが、無気力・不安感・焦りなどの症状が重いと感じた場合は医師の診断を受けるようにしましょう。

症状が軽度であれば、ちょっとしたストレス解消でも5月病を和らげることができます。
ストレス解消の形式は何でも構いません。スポーツが好きな方なら体を動かしてもいいですし、本が好きな方ならひたすら読書を行っても良いでしょう。

ただ、お酒を飲みすぎると気力が低下することがあるため、ストレス解消だからといって飲酒が過ぎると5月病を悪化させることがあるので注意が必要です。
最も良くないのは、何もせずに自宅にこもるような状態です。体を休めているつもりでも、部屋に閉じこもって何もせずにいると不安感を増大させる結果になるため5月病が悪化しかねません。

適度にストレス解消を行っていても5月病が抜けきらない場合は、昔の友人と会うのがオススメです。
5月病は一種の適応障害が原因となっている場合があるため、新生活を始める前の友人と会って遊ぶことで脳が安らぎ、ストレスを軽減する効果が期待できます。
悩んだらまずは友人に相談するという手法は、5月病においては最良の対処法のひとつであるといえます。

Sponsored Link