Sponsored Link

そうめん

そうめんとひやむぎの違い…ちゃんと理解していますか?

夏の時期になると、ご家庭で「そうめん」や「ひやむぎ」を食べる頻度も増えてきますよね。
氷で冷やしたそうめんやひやむぎは、涼を感じる夏の味覚として日本人に愛されています。

ところで、そうめんやひやむぎを食べていると「そうめんとひやむぎって何が違うの?」という疑問も、毎年のように誰かが口にしますよね。
見た目はそっくり、料理法もほとんど一緒、食感が少し違うような気もするけど…その違いを即答できる方はそう多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、そうめんとひやむぎの違いについて解説していきましょう。
一見するとそっくりなこの2つですが、実はちゃんとした違いがあったんです。

 

そうめんとひやむぎの違いはJAS規格で定められている!

「手延べそうめん」なんて言葉が残っているように、昔のそうめんやひやむぎは職人によって手作りされていました。
しかし現在は製麺機を使って作られることが多いため、昔のものよりも均一な太さの麺が作れるようになりました。

そこでJAS規格(日本農林規格)では、そうめんとひやむぎを「太さ」によってある程度区別しています。
JAS規格が定めた「乾めん類品質表示基準」によれば、麺の直径が1.3㎜以下のものを「そうめん」、1.3㎜以上1.7㎜未満のものを「ひやむぎ」と定めています。
ちなみに1.7㎜以上のものは「うどん」に分類されることになっています。

Sponsored Link

JAS規格に従うなら、そうめんとひやむぎの一番の違いは太さということになりますね。
そうめんは非常に細いので、食べたときにツルっとしたのど越しを感じることができますし、ひやむぎは太いので食べたときにモチっとした歯ごたえを感じることができます。

 

昔は「製法の違い」がそうめんとひやむぎを決めていた

JAS規格ではそうめんとひやむぎの違いを基本的に「太さ」としていますが、一昔前までは「製法の違い」によって分類されていました。
最近では太さの違いしかない製品が多いのですが、実はそうめんとひやむぎはもともと製造工程が全く違うものなんです。

もともと、そうめんは小麦粉・水・塩を練って、植物油を塗ってから細長く伸ばして作る麺でした。
一方、ひやむぎはうどんを細く切ったもので、実は細打ちのうどんの一種として食べられていたものなのです。

しかし機械製麺が主流になってからは製法の違いがうやむやになり、より効率的に製造するために特殊な製麺法で作られることも増えてきました。
例えば、細長く伸ばすのではなく切って作られるそうめんもありますし、油を塗らなくても製麺できるようになってきました。
逆に、ひやむぎを作るときに植物油を塗るなんてケースもあるため、製法の違いによって分類するのは難しくなってきたのです。

このように製法が混同されるようになってきたために、JAS規格は「太さの違い」という判別方法を取り入れたのです。
しかし、昔ながらの製法で作り続けている製麺所もまだ残っており、そうした製品に関しては太さだけでなく製法で判別されるケースがあります。

Sponsored Link